MATLAB/Simulink 関連書籍

MATLABによるバイオインフォマティクス

MATLAB は、遺伝子やDNAの配列解析のような、膨大な量のデータ解析や検証が必要となるバイオ・インフォマティクスの分野でも、広く利用されています。本書は、MATLABの基本操作からエクセルとの連係、MEX関数(MATLAB Executable Function)の作り方と使い方からはじめて、Web上の遺伝子データベースからの情報入手、統計処理、DNA の解析や患者の生存分析など、バイオインフォマティクスの応用を、分かりやすく紹介したものです。
本書後半で扱う MEX 関数は、Fortran、C、C++などを MATLAB 上で使えるようにするもので、処理の高速化、既存の Fortran、C、C++のコードの利用などに、有用なものです。
また付録には、著者が作成した、本書で紹介している MATLAB 関数、MEX関数のプログラムが収録されています。

本書について

多田 光宏
矢野 雅裕

工学社, 2007

ISBN: 978-4777512997
言語: Japanese

Amazon.jpで今すぐ購入

MATLAB と Simulink を活用したオンライン授業

MathWorks は、クラスルーム形式の授業のハイブリッドモデルへの移行、バーチャルラボの開発、完全オンラインのプログラムの立ち上げなど、形態や場所を問わず、アクティブラーニングの促進をサポートします。

MATLAB Courseware

MATLAB と Simulink を基にした教材

全てのコースおよび実習